ブログトップ

column

unocolumn.exblog.jp

備忘録   

愛することの最大の贈り物は、触れるもの全てが美しいものに変わることです。
-バーバラ ・デ・アンジェリス

家族とは、自然が造った最高傑作の一つなのです。
-ジョージ・サンタヤーナ —

誰かに深く愛されると人は強くなる。
誰かを深く愛すると人は勇気を得る。
-老子

小さなことを大切にしましょう。
なぜなら、そこにあなたの強さが現れるからです。
-マザー・テレサ

あなた自身を元気にする最高の方法は、
誰か他の人を元気にしようとすることです。
ーマーク・トウェイン

どれほど多くを与えるかではなく、
どれほど多くの愛をこめれるかなのです。
-マザー・テレサ —
[PR]
# by unocolumn | 2014-06-26 23:13 | 本・言葉

備忘録 講演会  

「建築に宿る静謐さと品格は、建築家の品性(謙虚な配慮と委ね)を種とし、周到に計られたディティールによって芽を出し、職人のプライドが花を咲かす。」
The seed that defines the serenity/tranquility and character/dignity/quality of the architecture comes from the architects character (being modest of its definition), and grows with the scrupulous details, and blossoms through the craftsman's/builder's pride.




「コンセプトを表現するために素材や職人を道具にしてはならない。彼らに向ける尊厳や愛は、建築の 質を決定づける。」
We must not use/treat the materials and craftsmen as tools to convey the concept. The love and respect that you show them will define the quality of the architecture.



「施主とは、美しい建築を生み出す一方の担い手である。あらゆる建築要素にヒエラルキーは禁物である。」
The client plays an important role in the process of creating beautiful architecture. There must not exist hierarchy between every aspect/element of architecture.



「施主、職人、素材という愛する対象が、ひとつでも欠けてしまえば、建築に魂が宿ることは難しいだろう。 」
Without the harmony of the client, craftsman and materials, it becomes impossible to create soulful/meaningful architecture.


                             
「建築家の意志によってのみ調和が計られる。」
Only with the will of the architect is Harmony achieved.



「意志とは、愛と尊厳である。」
The will comes from love and respect.



「調和とは建築家の介入が見えないということである。」
Harmony is achieved when the architect’s influence/intent/intervention is not visible.



「謙虚さを欠いた建築は、静謐とは無縁のものとなる。」
Architecture which has lacked modesty loses serenity.



建築は、自己表現の手段ではなく、平穏な時間と安住の空間を現在させるためだけにある。 
Architecture is not a means to express the self, but is to create a peaceful and safe space and environment.
 



「大切なことは、新しさではない。自然と人間との幸福な関係を創り出すことである。」
The important thing, not the newness. It is to create a happy relationship between human and nature.



「思考(コンセプト)-実体(建築物)-自立(存在感)。これを完成させられるのは、建築家の意志のみである。」
Being new is not important. It is important to create a peaceful/happy relationship between nature and human.



「建築に宿る魂は、すべての建築要素にはらわれる愛によって生まれる。」
The soul that dwells in architecture will be born by love to give all architectural elements.



「建築は、愛の結晶である。」
Architecture is the fruit of love.




「愛し方こそがオリジナリティー。」
Originality is defined through the way you love.
[PR]
# by unocolumn | 2014-06-18 14:38 | 本・言葉

備忘録 磯江毅の言葉から

写実(建築)的方法ということ。自己を表現するということの意味にも疑問を持つようになり、傲慢ささえ覚えるようになりました。写実(建築)は、むしろ自己を抑え、対象物(素材)そのものの再現に徹することのなかに、表現意識を封じ込んでゆくこと(=哲学)ではないかと考えるようになりました。

表現するのは自分ではなく、対象物(素材)自体であるということです。その物(素材)が表現している姿から、どれだけ重要なエレメントを読み取り、抽出できるかということなのです。角膜に受動的に映る映像を根気よく写す行為ではなく、空間と物(素材)の存在のなかから摂理を見出す仕事だと思うようになったのです。

(素材)をよく見るということは、物(素材)の成り立ちを見極め、やがてそれを解体、解剖することだと思うようになった(中略)。 写実(建築)には、客観性(社会性)の尊重というルールがあります。しかし、作家(建築家)はそのルールを守りつつ、自身の主観的表現欲とどのように対応し、折り合いをつけてゆくのでしょうか。作品(建築)の精神性の高さはそんなルール(社会性)の中に見出す精神の自由さによるものだと思っております。
[PR]
# by unocolumn | 2014-06-18 13:54 | 建築観

私感          吉村順三の日本建築の価値

○ 純粋
 素材や金物、架構、建築を構成するすべてのものに必要以上の意味や機能を期待しないことです。それぞれが持つ本来のミッションや価値をよく理解し、欲張らないこと。それぞれが最も喜ぶように素直に使うこと。そして、シンプルにわかりやすく使うことです。そうすれば彼らは自由に個性を発揮し、設計者が恣意的なデザインをしなくても、自然に建築というオーケストラの優れたメンバーになります。

○ 誠実
 誠実とは、ごまかさないことです。建築に関るあらゆるものの価値を正当に評価し、合理的に建築としてまとめあげることです。誠実さのない建築は、時間に耐えられません。出来れば既製品は避けて、すべて手作りにしたいものです。

○ 無私
 子供が遊ぶように建築を作ることです。しかし、我々プロはそこに責任が伴わなくてはなりません。決して建築を自分のために利用しようと考えながら設計してはいけません。設計の段階から撮影する場所を決めている輩がいると聞きますが、それはもっての外です。

○ (愛情)芸術性
 すべてのものに命があり、設計や造り方如何では蘇ると信じることです。人智の限界に気づき謙虚な心で自然に任せることです。他人(ひと)の心を信じることで職人に任せることができます。そして出来上がったものを受容する寛容さが大切です。その寛容さを身につけるためには、天命を待てるほどに事前に人智を尽くさなければなりません。



My thought   
Japan architecture's value by Junzou Yosimura 《 Pure, Sincere, Selfless, (Love) Artistry 》

○ Pure
I will consider the point of view from the physical here. The goal is to not expect the meaning and function of more than necessary in all things that make up the material and hardware, Frames, architecture. That you understand the value and mission of the original, each with, it is not greedy. The use obediently so that each most pleased. And is that you'll use in simple easy to understand. They show personality freely in doing so, the architect without having to design arbitrary, will naturally become excellent team members with orchestra that architecture .

○ Sincere
A sincere is that it does not try to cheat.It is to appreciate the value of everything related to architecture, and to work up reasonably as a architecture. Architecture without sincerity can not endure the passage of time. I want to make by handmade if possible all, and avoid ready-made articles.

○ Selfless
Architecture should be made so that the child play.
However,we professionals should have with responsibility there. Don't design while thinking that it will use architecture for your purpose.I hear that there are fellows that decide where to shoot from the stage of design, but it is absolutely unthinkable.

○ (Love) Artistry
It is to believe that life dwells in all things, to be revived is a way how to build and design.It is to realize the limits of human knowledge, leave it to nature in the humble heart.
You can rely on the craftsman in believing others (people) minds.And tolerance to receive a finished thing is important. In order to acquire the generosity, you must do your everything possible until God will give the blessing.
[PR]
# by unocolumn | 2014-05-10 13:02 | 建築観

備忘録 吉村順三展から

日本建築の価値観 純粋・誠実・無私・(愛情)芸術性ー皇居「新宮殿」設計に向かう姿勢から

◯日本の建築のよさ
 日本的ということは抽象的には伝統に繋がると云えるけど、本当は非常に難しいことです。というのは今の近代建築のあり方というものがすでに日本的ではないからです。
 日本的というのは文化財的なクラシックではいけないので、現代に建てるのだから現代的な建築であり、しかも日本のシンボルともなるべきもの、これからの日本の歴史的方向を見透かしたものであること。そして潑らつとした新しい感じのものでなくてはならないと思います。やたら重々しく造ることが流行っているようです。柱などはコンクリート打ちっぱなしにして昔の原始的な強さを通そうとしているが、日本的ということで、非常に危険なことは、すぐに桂とか二条とかが出ることですが、あれは古いものです。今の日本的ということは、私の意見は、第一に創意の不足だと思います。どこかにお手本がある。
 今の近代建築は本当に問題を解決していない。本当に近代建築で国際的な考え方から本当にいいものはありません。すぐに重く造ることばっかりやっています。日本の建築を、歴史的な期さに帰そうというより、ロンシャンあたりの影響でそうしているように思われる。日本の建築のよさは、私はむしろ軽い、気楽な、上品な建築の方がいいように思います。
新しい日本の建築というものは、古いものに対決して造ることです。すべての日本建築、日光も伊勢も神社や寺の建築も含めて、そのいいところはどういうところかということを知り、それと同じくらいの感度をもつようにすることなのです。

◯日本の建築の価値
 設備を最高のものにすれば、デザインがしやすくなり、そういうところから日本的な味を出すことが出来るようになります。もう少し要素に分けて考えると、世界の名建築の中に日本の建築を検出して来て、世界的に価値のあるものは。私は大体四つに分けていますが、①純粋、②誠実、③無私、④(愛情)芸術性といったことだと思います。
純粋ということは、例えば構造なら必要なだけの構造にする。材料の正直な使い方、特に日本の建築は、外側と内側とが一体という精神で統一されている日本の建築の柱は柱としての使命を果たしたもの、外国の宮殿はどれでも柱ではなく一種の飾りになっていますが、日本は、柱には柱として屋根という荷物を支える役目を持っています。ファンクショナルで、建築的に純粋です。装飾の見せかけのものではありません。
二番目の誠実ということは、「目的を解決する」ということです。宮殿は、そこで行なわれる国家の行事の場として造るのだ。ということです。この目的が果たされるようなものではなくてはダメで、またあまりに威圧的であることもいけません。
三番目の無私ということは、素直であるということ、日本の風土に自然に溶け合うもの、といったこと。部屋の考え方は、それを使う時の再考の効果を出すようにする。装飾も季節季節により気分を誇張できるようなものを考える。
形態が複雑で、重々しいものが価値があるというのは間違えで、簡単なもので誠実さのあるものがいい、ヨーロッパ的な大きさでする見せ方ではなく、日本には日本なりの建築の仕方があります。

◯日本建築の色彩
 色彩について、日本の近代建築のウィークポイントは、色彩にあるといえます。色のいい建築は1つも見付かりません。宮殿は、色がキャラクターを決定する要素になっています。日本と西洋の色に対する感覚のちがいは、西洋のものは絵具から発達して合成されたもので、日本では素材的な色ではないかという反省があります。
 日本古来の建築は色彩が乏しく、明治時代になって大分西洋のまねをして色を取り入れてきたが、近大は素材的色彩になってきました。この方が日本建築にピッタリしているようです。

◯日本の建築のよさ
 日本建築のよさは、与えられた問題を最も正直に、こだわりなくつくり、見せかけをしないということです。ここから出発しないで、まず形を作りたいと決めてやることは非常に危険です。形より内容からやって行く必要があります。

                        宮内庁宮内公文書館所蔵
              「昭和28年ー44年 皇后造営専門家会合議事録」より抜粋

[PR]
# by unocolumn | 2014-05-08 22:13 | 本・言葉