ブログトップ

column

unocolumn.exblog.jp

<   2014年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

備忘録  加藤泰三

〈良い人〉編

自分が良い人になりながら、自分の要求を通すことはできません。

自分の言葉が相手を傷つけないかいつも恐れてる人は、心の底に敵意があります。

誰にでも好い顔をしている人は、他人から拒絶されることを恐れている人です。

良い人には蓄積された敵意があります。どのような形かは別にして、どこかで必ず現れます。

人の期待をかなえようと自分を犠牲にする「良い子」は、自分も周囲も不幸にします。

愛情を知らない人ほど、人から良く思われたいという気持ちが強くなるものです。

八方美人になると、八方ふさがりになります。


〈仕事〉編

自己実現している人は、矛盾に耐えられる。
自己満足の世界で生きる。

幼稚な男は、無責任な世界を求めています。
豊かな建築は自立した関係の中から生まれる。

人は、相手の無意識に反応する。
日々の生活が,そのまま建築に現れる。

安心感と信頼感がなければ、人は心を開きません。
設計に入る前にやるべき最も大切なこと。

何も決められない人、責任を逃れようとする人です。
これをすると仕事が嫌いになる。

失敗は違った道があるということを示しています。
これは救われる言葉。

時代が変わるとき、自分の心の支えに従って生きること以外に、変化の時代は乗り切れません。
迷った時に役立つ言葉。

詩人と弁護士が恋をしたら、お互いに理解できません。
施主との相性に。

権力意志の人間は、お金でも何でも他人を助けますが、相手の幸せだけは考えません。
ヒエラルキーの中で幸せな建築は生まれない。


〈トラブル〉編

悩みの根源は、依存心。

現実と触れることによって、物事は解決します。

不安な人は、小さなことでも大ごとにしてしまいます。

何だがわからないけれど物事がうまくいかなかったときには、何か自分に隠しているときです。

もつれたときは素直になれば解決します。

なんでその人を許せないのか?その原因を考えていくと自分が見えてきます。

人は過去の満たされない欲求に支配されて物事を見ていきます。

不幸を受け入れる、そうすると自分の持っているものが見えてきます。

辛い辛いと訴えているのは、憎しみの間接的な表現です。

心配しすぎる人は、心の底に敵意があります。

人間は、自分が守ったもので、不幸になります。

逃げているとトラブルはどんどんどんどん大きくなります。

あなたの心が「原因」で人間関係はその「結果」です。

人と心を触れ合える人は安心して人の世話になれます。


〈子育て〉編

子どもに対する最大のプレゼントは、積極的関心です。

子育てで大切なのは予測性と安定性です。

モノの世界では得をしても、心の世界ではきちんとそのコストを払っています。

優しさとは、相手の弱さを受け入れること。

父親が子どもにお説教するときは、たいてい妻に不満なときです。

過干渉も放任も同じ、親の無関心です。
[PR]
by unocolumn | 2014-09-27 13:03 | 本・言葉

ぜんぶ手でつくる

2、誠実は信頼の大地

言うまでもなく、責任を負ったからといって何もせずに信頼が得られるわけもない。責任は信頼の種でしかない。その種が芽吹き、大きな木になるかは相性と建築家の誠実による。

勘違いしてほしくないのは,誠実とは他者に仕向けるものではない。あくまでも自分自身に問うものである。信念に基づき自身で納得出来ればそれでいい。それがどんな結果になろうとも受け入れる覚悟が必要だ。砂漠に花は咲かないし,湿地にサボテンは育たない。人にも相性があり、それが自然だ。決して無理をして仕事を取りにいかないこと。いまの不安は解消されるが,そのツケは予想以上に大きい。実績は消せないし,言い訳は信頼と逆行する行為だ。不幸なのは施主と建築家だけじゃない。職人も事務所のスタッフも何よりそこで生まれた建築がかわいそうだ。

信頼が生まれる大地にしか愛される建築は生まれない。
 
欲をかかないことだ。建築家は商売人じゃない。あらゆるのもを殺生し、再生させる聖職者だ。信念に従いずっと同じ方向を見て,同じ場所に立ち続ける。自分でうろうろ探しにいかない。変わらない姿勢こそが信頼だ。きっと誰かが見ている。いつ報われるかわは分からないが,その時はかなりの確率で相性がいいはずだ。
[PR]
by unocolumn | 2014-09-17 12:02

ぜんぶ手でつくる

1、信頼は責任を超えられない。

全てはこれに尽きると言っても過言ではない。信頼があれば多くのことは実現可能だし、かなりのことを省くことが出来る。最も無意味なことが,コンセプトワークとプレゼンテーション。そんな電通まがいの”騙しのテクニック”を最高学府の大学で力を入れて教えていることにも愕然とする。建築を騙し切ることはできない。建築の寿命は、それよりも永いからだ。大切なことは等身大の価値をありのままに伝えること。そして,それが受け入れられるための人間力を磨くこと。人間力とは信頼を得る力のこと。信頼は責任の重さ以上には得られない。多くの建築家が,必ず突き当たる壁がここにある。建築家が担うコンプライアンスという責任は、彼らが思うほど大きくはない。いまやコンプライアンスは前提条件である。建築の責任は経済がその大半である。それを知ってかしらずか建築家は、ちっぽけな責任を振りかざすので現場は混乱する。そして、クライアントは誰を信頼すべきかいっそう混乱する。

 悩んでいる建築家の皆さん。もう分かっていると思います。逃げるのはもう止めましょう。ぜんぶ責任を取る覚悟を決めれば楽になります。そのためのスキルを身につけましょう。今後数回に分けて私がやってきたことを紹介します。
[PR]
by unocolumn | 2014-09-17 00:26 | 建築観

備忘録   

人は自分を受け入れられるほどしか、他人を受け入れられない。

We can not accept others only to the extént accepted ourself.

                      加藤泰三
[PR]
by unocolumn | 2014-09-01 14:20 | 本・言葉