ブログトップ

column

unocolumn.exblog.jp

<   2013年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

備忘録

言い訳をしないことである。思ったようにいっていない、間違った、やり直そう!と言えなければならない。仕事は出来たか出来なかったかである。まあまあですまそうとしてはならない。本気で取り組むからこそ、プライドも生まれる。                               ピーター・ドラッカー 


言葉は言葉、説明は説明、約束は約束に過ぎないが、実績だけは真実である。これはビジネスの不易の大原則だと私は思う。実績のみが、君の自信、能力、そして勇気の最良の尺度だ。実績のみが、君自身として成長する自由を与えてくれる                                ハロルド・ジェニーン
             
                                    
もしこの世界に賞賛も批判もないとしたら、あなたはどういう人になりたいですか?                                          ハワード・ビーハー 
[PR]
by unocolumn | 2013-06-28 21:29 | 本・言葉

真の建築家を目指す君たちへ

生活の糧ではなく、生涯をかけて建築を極めようとしている君たちに贈る二つの言葉。



「建築の完成度は、信頼関係の強さに比例する」

クライアントが想像できる範囲でする仕事は建築家の仕事ではない。我々の仕事は、未体験の幸福な時間、そして、永遠に続く新鮮な空間を創り出すことだ。自ら作ることが出来ない我々は、職人と一心同体だ。自分を愛するように職人を愛すること。信頼というエネルギーが建築を輝かせる。



「信頼関係の強さは、責任の重さに比例する」

信頼とは、責任を負っているものに与えられるご褒美のようなものだ。法律を守り監理を完璧に行なうことが建築の責任のすべてではない。その大半は作るものに負わされている。設計者自らが作らない限り全幅の信頼を得ることはできない。工務店との建築(いえ)づくりには必ず限界が来る。リスクを負うことでしか見えない世界がある。
[PR]
by unocolumn | 2013-06-07 23:44 | 建築観