ブログトップ

column

unocolumn.exblog.jp

<   2010年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

絶望しないチンパンジー、希望を持つ人間

先日新聞にこんな記事があった。
「人間とは何か。想像かなと思う。チンパンジーは全く違うものを結びつけるのが難しい。例えば、お絵かきであらかじめ目のない顔を描いた紙を与えると、顔の輪郭線をなぞるだけ。人間も2歳半ぐらいの子は同じようにするが、3歳になると目をかく。チンパンジーはそこにあるもの、目の前にあるものをみている。人間はそこにないものを考える。
 こういうことがあった。レオというチンパンジーが脊髄炎で首からしたが突然、まひした。体重が激減。床ずれもひどかった。ところがレオは全然へこたれない。寝込んでやせて骨と皮になって。僕だったら完全にだめ。介護のかいもあって回復したが、そこで思ったのは、チンパンジーは今ここの世界に生きている。人間はそうでなく、想像する力がある。100年先、100年前のことを考える。
 想像する時間と空間の広がり方が人間はものすごく広い。チンパンジーは今ここを生きているから寝込んでもこのままどうなってしまうのだろうなんて考えない。チンパンジーは絶望しない。絶望する理由がない。人間は絶望する。このまま寝込んだらどうしようと。でも絶望するということが、まさに希望を持つことにもつながる。どんな状況にあってもはるか遠い先のことに思いをはせて、希望を持ち続けることができる。それが人間なんだなと思うようになった」

座禅は考えないことの練習。禅宗は「今ここに生きろ」と教える。チンパンジーは生まれながらにして禅の達人だ。希望なくして生きることができる。「苦」を生む想像力とはなんだろう。それこそが人間ということなのか。
[PR]
by unocolumn | 2010-07-27 22:56 | 建築観

こだわらないこころ

妻は、家族以外の人とは対立したことがない。トラブルを起こしたこともない。そのことで先日家内と話した。彼女曰く、「家庭には守るものがあるけど、他には全くないから」これには久々にガテンがいった。確かに彼女が何かにこだわって怒ったり、悩んだりしているところをみたことがない。ボクは妻と違い、”こだわり”の固まりのような人間。守るものがいっぱいある。”シンプル””シンプル”と叫びながら、守るものがいっぱいあるボクは偽善者なのだ。そういえば大好きな良寛は”こだわらないこころ”の達人だった。残したものの品格は追随を許さない。本当に強い人だった。”こだわらないこころ”から本物の美が生まれるのだと確信した。
[PR]
by unocolumn | 2010-07-27 19:11 | 本・言葉

"寛容”

先日、免疫学者の多田富雄氏が亡くなった。氏が生前強く訴えた「寛容」という言葉が心から離れない。頻繁に起こる幼児虐待や異様な殺人事件は、「寛容」が社会から亡くなりつつあるからだ。それは、人が自然のなかで生活する機会が少なくたったことも大きく影響していると思う。自然は時に不都合で不便なものだ。人の力ではどうにもならないことばかりだ。人はそこから謙虚さを学び、耐えることを知り、考える力を養い、許す心が育つ。つい最近まで家は、自然を学ぶ大切な場所だった。自然が家のなかに日常的にあった。まさしく「寛容」の心が育つ絶好の場所だった。高気密高断熱、24時間換気、ハウスメーカーに代表される工業化住宅やマンションに自然を学ぶ場所はほとんどない。便利さと快適さ、汚れれば張り替えるビニールクロス、掃除のしやすさだけしか価値を見出せないフローリング等々・・・。それを危険だと感じないのだろうか。犯罪を減らすために建築にもっとできることがあるはずだ。
[PR]
by unocolumn | 2010-07-25 00:28 | 本・言葉

7/7 「堀文子の言葉 ひとりで生きる」を読んで その2

「その時その時どうやって生きているか、その痕跡を絵(建築)に表すので、一貫した画風(作風)が私にはないのだ。結果として画風(作風)が様々に見えても、それらは全て私自身なのである」 


「生涯を共にした気難しい日本画(建築)は私に雑念を抑え考えることを教え、抑制と静謐な美を気付かせた。そして無私と集中を叩き込んでくれたのも、古風な日本画(正直な建築)であった」           

「神の造った色や形(素材)の美しさに吾を忘れ描き留めた(造り続けた)その線(形)は、自然の力を借りてできた記録で、私と神の合作なのだ。その時何を見、何をはぶいたか、私の能力の限界を残す自然との果たし合いの記録ともいえる」


「泥水をかきまわし、その混沌のなかから顔を出すようにしていつも私の絵(建築)は生まれてきた。人は必ずその絵(建築)の意図や説明を聞きたがるが、「こうなってしまった」と答えるしかない。私の作品には主張も意図もない」
[PR]
by unocolumn | 2010-07-06 17:16 | 本・言葉

7/6 「堀文子の言葉 ひとりで生きる」を読んで その1

備忘録とする。

(  )言葉を置き換えてみる。



「奢らず、誇らず、羨まず、欲を捨て、時流をよそに脱俗を夢見て、私は一所不住の旅を続けてきた」
 

「自分の無能を恥じ、己との一騎打ちに終始し、知識を退け、経験に頼らず、心を空にして日々の感動を全身で受けたいと心掛けた」


「肩書きを求めず、ただ一度の一生を美にひれ伏す、何者でもないものとして送ることを志してきた」


「私は絵(建築)で自己主張しようという意志もなく、名を揚げようという気もなく、心に響く美しいものを記録し(想い)ながらここまできた」  


「むしろ絵(建築)に自分自身の苦渋の痕跡を留めないようにしてきたようなところがある。自分を表現するのが芸術家なのだろうが、私は隠匿癖があって自己顕示欲が乏しい」
[PR]
by unocolumn | 2010-07-05 22:51 | 本・言葉