ブログトップ

column

unocolumn.exblog.jp

カテゴリ:未分類( 17 )

ぜんぶ手でつくる

5、人は相手の無意識に反応する。
a0125777_15355279.jpg

これは手書きの詳細図。無印のダブルリングノートは消せるボールペンと同様僕の必須アイテムだ。ディティールを考えることは、僕の仕事の大半でもあるし最も重要なことでもある。何ヶ月も費やし何度も描き直した案を一瞬のひらめきで変更することも毎回のようにある。僕がすべてのディティールを自分ひとりで考えることに何故こだわるかが今回のテーマ。

一般的に人が建築に持つ印象は、色、形などのデザインや素材感、そして機能で決まると思われている。いわゆる五感で感じる部分だ。しかし、それは一部であって大切なことが抜け落ちている。例えば、人の印象を初めは外見や言動などで判断する。しかし、付き合いが永くなれば次第にその人特有の空気感、いわゆる情緒性が主要な印象になる。それはまさしく「人は相手の無意識に反応する。」という次元の違う感覚を持っているからだ。人が考え作ったものである以上、建築にもこの無意識が確実に宿る。僕はディティールを考えている時この無意識をとても強く感じる。毎回違うディティールを考えているにもかかわらず、知らず知らずのうちに必ず僕の好みや癖が出る。ミリ単位で寸法を決めていく時、「根拠は?」と問われると答えられない時がある。ここにまさしく僕の無意識や好みが現れていて建物の印象を決定づけている瞬間なのだと思う。

「神は細部に宿る。」とはまさしくこのことを言う。現在化する表現やメッセージは消費され、目に見えない情緒性は普遍化する。だから建築家は最後の1ミリまで孤独に自分の意思で決めなければいけない。建築は嘘をつかない。建築家の日常が現れる。自ずとやらなければいけないことは分かってくる。
[PR]
by unocolumn | 2014-12-20 17:25

備忘録


貴方の知る最善をなせ。
もし貴方がランナーであれば走れ、鐘であれば鳴れ。

                  イグナス・バーンスタイン

何が好きか。何が楽しいか。何をすべきか。何が得意か。何が出来るか。
それらをどう実現するか。少しの素直さと相当な勇気を持って実行していくしかないと思う。




私が人生で学んだことは、
自分が今もっている力をぜんぶ使えということです

                  スティーヴン・ホーキング




「努力せず結果が出ると、傲りになる。
 努力せず結果も出ないと、後悔が残る。
 努力して結果が出ると、自信になる。
 努力して結果が出ないとしても、経験が残る。」

                          出自不明



「誰かがよろこんでくれる、ということがなかったら、
 すべてが揃っていても、なにがたのしいだろうか。
 誰かがよろこんでくれる、ということがなかったら、
 ほんとうにうれしいことなど、なにもない」

                          糸井重里



無垢で無欲な振りをするほど、欲望は暴力的になるものだから。


                          小島慶子
[PR]
by unocolumn | 2014-12-16 10:35

人を信頼する努力。 人を信頼できる能力。

(田中ウルヴェ京のブログより)

責任はね。
I make myself happy
っていう自己責任。

自分のことは、自分で幸せにすることに決める、と。

そのために必要なのは、
人を信頼する努力。
人を信頼できる能力。

信頼するためには、自己内省力と自己客観力が必要。
そうです。
相手じゃない。
自分のなかに、培わねばならぬ能力。

自分のなかで、常に問題仕分けができていれば、
堂々と、そのことについて、他人にも聞けたり、伝えたりできる。

堂々と。
だって、すべては自分のせい。

だからシンプル。

すべては自分のせいとわかることほど、
じつは
ラクなことはない。

でも
それを磨くのは、最初は難しい。
磨くって、つまりは、まず最初は、「傷つける」ってことだから。ね。
[PR]
by unocolumn | 2014-10-18 23:14

ぜんぶ手でつくる

2、誠実は信頼の大地

言うまでもなく、責任を負ったからといって何もせずに信頼が得られるわけもない。責任は信頼の種でしかない。その種が芽吹き、大きな木になるかは相性と建築家の誠実による。

勘違いしてほしくないのは,誠実とは他者に仕向けるものではない。あくまでも自分自身に問うものである。信念に基づき自身で納得出来ればそれでいい。それがどんな結果になろうとも受け入れる覚悟が必要だ。砂漠に花は咲かないし,湿地にサボテンは育たない。人にも相性があり、それが自然だ。決して無理をして仕事を取りにいかないこと。いまの不安は解消されるが,そのツケは予想以上に大きい。実績は消せないし,言い訳は信頼と逆行する行為だ。不幸なのは施主と建築家だけじゃない。職人も事務所のスタッフも何よりそこで生まれた建築がかわいそうだ。

信頼が生まれる大地にしか愛される建築は生まれない。
 
欲をかかないことだ。建築家は商売人じゃない。あらゆるのもを殺生し、再生させる聖職者だ。信念に従いずっと同じ方向を見て,同じ場所に立ち続ける。自分でうろうろ探しにいかない。変わらない姿勢こそが信頼だ。きっと誰かが見ている。いつ報われるかわは分からないが,その時はかなりの確率で相性がいいはずだ。
[PR]
by unocolumn | 2014-09-17 12:02

伝道の書 3章11と14

11. 「 神はすべてのものをその時にかなって美しく造られた。定めのない時をさえ彼らの心に置き、神の行なわれた業を、人間が始めから終わりまで決して見いだすことができないようにされた。」

He has made everything beautiful in its time. He has also set eternity in their hearts, yet so that man can't find out the work that God has done from the beginning even to the end.

神は人間にのみ永遠の命を求める心をお与えになった。
神の仕業は時にかなって美しい。
神と共に建築を作る。

God has given the eternity life to only us.
God has done that is beautiful in its time.
I will make the architecture with God.


14. 「わたしは、神が造られるすべてのもの,それは定めのない時に至るまで存続することを知るようになった。それに加えるべきものは何もない。それから取り去るべきものも何もない。神がそれを造られたのである。それは,人々が神のゆえに恐れるためである。」
I know that whatever God does, it shall be forever. Nothing can be added to it, nor anything taken from it; and God has done it, that men should fear before him.

何も足さない。
何も引かない。
受け入れる。

Add to nothing.
Remove nothing.
Accept everithing.
[PR]
by unocolumn | 2014-08-25 12:00

自作は我が子。

時々その価値について考える。

共通点

原因である”行為”の恍惚感。

結果である”存在”の不可思議さ。
[PR]
by unocolumn | 2012-02-10 20:22

写真を撮るということ

自作を撮るために最近カメラを買った。実はかなり逡巡した。それは無駄な買い物になる予感があったからだ。早速ファインダーを覗いた。何度も何度も覗いた。やはり予感は当たった。ファインダーの向うの被写体は私の建築ではなかった。「何のために写真を撮るのか・・・・」自分に問いかけた。いきなりモチベーションが下がった。分かってはいたけれど、私には ”見せたい建築” ”撮りたい空間” はなかった。私が求めていたのは ”逢いたい建築” と ”抱かれる空間” だった。やはり自作を写真で伝えることはできなかった。でも自作があることで伝えられることはあるはずだ。
[PR]
by unocolumn | 2012-02-08 19:05

「いのちあるもの」へ

はずかしながら、この歳になって分かってきたことがある。そんな折、以下の言葉に導かれた。

「美しい花がある。花の美しさなどない」      小林秀雄

「美というものは、役に立たないように見えるが、それでいいのだと思う。役に立ったら欲と結びついて美は消えてしまうだろう。美はかたちのないもので柔らかく仰々しい姿を見せない。では、いったい何だろう。と考えてみれば、永遠に輪廻する命ということになるだろう」     
                         堀 文子

「画の勝負は美しいとか醜いいというかいうものではない。生きているか、死んでいるかが問題だ。美しいようにみえて、死んでいるのがある。醜いように見えて、生きているのがある」                               中川一政

ボクは、20年もの間「美しさ」を作ろうとしていたのではないか。「謙虚」を自明としていた自らが、騙るに落ちていた。「美」は作るものではなく、“ある”ものなのだ。「無私」が“神”に送る招待状であることは充分知っている。でも、凡人のボクに今できることは、「諦めないこと」、「夢中になること」、そして「受け入れること」
[PR]
by unocolumn | 2011-12-23 21:23

文化は発達しすぎると・・・

「文化は発達しすぎると、柔弱に流れる。人間は自然から遠ざかると、病的になる。そういう危機からいつも救ったのは、山岳信仰の野性とエネルギーであった」これは、白洲正子の「かくれ里」の一文だ。初めの行は、今流行のモダンアートを見たかのようだ。気になるのは次の行だ。「人間は自然から遠ざかると、病的になる」。これは建築をするもののバイブルとなる言葉だ。それにハウスメーカーに対する警告とも取れる。僕は以前から建築を”人と自然との関わりを深める道具”と考えてきた。だから、陽光、風、空気、温度、匂いを大切にし、工業製品や新建材を可能な限り減らし、自然の素材を手で作ることにこだわってきた。そして、今僕に与えられている課題は”野性”だ。
[PR]
by unocolumn | 2011-09-08 17:48

ありがとう

先日、飼っていた猫が亡くなった。家族が見守るなか息を引き取るその瞬間、みんな「ありがとう」と叫んだ。
                              そんな建築を作りたい。
[PR]
by unocolumn | 2011-02-25 09:52