ブログトップ

column

unocolumn.exblog.jp

9/30 みえるものみえないもの

以前あるベテランの女性編集者からこんなお手紙をいただきました。

「あなたの作る住宅は、著名建築家に酷似していて倫理的に大変問題がある。責任あるジャーナリストとして関わってはいけない仕事だと思う」

先日、塗師の赤木明登さんの個展に行きました。主には、椀や盆などの漆器でした。美しい形というのは、数百年前からあまり変わってはいないのだと思いました。木地師が木型を作り、塗師がそれに漆を塗る。数百年変わらない生業です。彼はそのスタンダードな形に漆を塗るということだけに自らのすべてを捧げて仕事をしています。見方によっては、過去のものの真似ばかりで、取るに足らないもののように見えます。それでは、あまりにも道具の本質、職人の仕事を知らなさすぎる貧しい見方ではないでしょうか。違いは見ただけではわからない場合もあります。触れてもわからない場合だってあります。使い続けて始め伝わる(感じる)ものかもしれません。このように必要な機能と作り手の心を伝えるコミュニケーションツールであることが道具の本質であり、建築にとっても大切なことだと思います。もし、仮に私がある有名な建築と全く同じもの作ったとしても、私にしか伝えられないものが必ずあるはずです。ちっぽけなオリジナティーを振りかざすのはあまり好みではありません。これからも塗師の仕事が分かるような人たちのために仕事をしていきたいと思います。
[PR]
by unocolumn | 2009-09-30 18:02 | 建築観
<< 10/29 よく生きるために 9/8 ものといのち >>