ブログトップ

column

unocolumn.exblog.jp

ぜんぶ手でつくる

5、人は相手の無意識に反応する。
a0125777_15355279.jpg

これは手書きの詳細図。無印のダブルリングノートは消せるボールペンと同様僕の必須アイテムだ。ディティールを考えることは、僕の仕事の大半でもあるし最も重要なことでもある。何ヶ月も費やし何度も描き直した案を一瞬のひらめきで変更することも毎回のようにある。僕がすべてのディティールを自分ひとりで考えることに何故こだわるかが今回のテーマ。

一般的に人が建築に持つ印象は、色、形などのデザインや素材感、そして機能で決まると思われている。いわゆる五感で感じる部分だ。しかし、それは一部であって大切なことが抜け落ちている。例えば、人の印象を初めは外見や言動などで判断する。しかし、付き合いが永くなれば次第にその人特有の空気感、いわゆる情緒性が主要な印象になる。それはまさしく「人は相手の無意識に反応する。」という次元の違う感覚を持っているからだ。人が考え作ったものである以上、建築にもこの無意識が確実に宿る。僕はディティールを考えている時この無意識をとても強く感じる。毎回違うディティールを考えているにもかかわらず、知らず知らずのうちに必ず僕の好みや癖が出る。ミリ単位で寸法を決めていく時、「根拠は?」と問われると答えられない時がある。ここにまさしく僕の無意識や好みが現れていて建物の印象を決定づけている瞬間なのだと思う。

「神は細部に宿る。」とはまさしくこのことを言う。現在化する表現やメッセージは消費され、目に見えない情緒性は普遍化する。だから建築家は最後の1ミリまで孤独に自分の意思で決めなければいけない。建築は嘘をつかない。建築家の日常が現れる。自ずとやらなければいけないことは分かってくる。
[PR]
by unocolumn | 2014-12-20 17:25
備忘録 >>