ブログトップ

column

unocolumn.exblog.jp

ある編集者からの問いに

「宇野友明さんは公共の建築を建てていますか?都市空間と、家庭の空間の関連性は関心事でしょうか?それを特別に働きかけた作品がありますか?」
  

私は建築を「都市、私的空間と公的空間」で考えたことはありません。単純に”美しい建築”を作りたいと思っているだけです。それが可能な環境があれば、用途は何であってもかまいません。しかし、今、公共建築が生まれる環境は、私が求めるそれとはかなり違っています。かろうじて丹下さんが代々木体育館を作った頃までではないでしょうか。その後、建築家の存在価値は急激に縮小し、表面的なデザインを提案するだけの調整役というプロジェクトの小さな歯車に追いやられています。仮に出来たとしても妹島、西沢両氏のようなプログラムを環境化する、視覚化することに留まってしまいます。それはある種のわかりやすさ、理解のしやすさがなければ、現実化しないという現在の公共建築の宿命と限界なのではないのでしょうか。
 建築にとって幸福な時代というのは、パトロンがいた時代だと思います。シンプルな関係でしか生まれないものがあります。今の私にとっての「住宅」は、それに最も近い環境で作れる建築なのです。見える世界の向こう側にある見えない世界にしか存在しない「永遠」は、強い信頼関係なくしては作り出せないのです。
 以上が今の公共建築やコンペには興味が持てない理由です。もうひとつは、「カップマルタンの休暇小屋」を超える公共建築を私はほとんど知らないからです。  

また、長田くんの以下のような指摘に対して

「宇野さんは、自分の作品が建つべき、象徴的な土地を探していて、訪ねてきた施主に紹介しているとのことでした。彼にとっては、作品は、補完すべき地霊を持った土地を探すことから始まり、その地の自然を象徴するような作品を付け加えることで完成するのです。」

 正直なところ私の中に作るべき建築の具体的なイメージはほとんどありません。というよりむしろそういうものを持たないようにしています。それは「偶然」を大切にし、「縁」を大切にし、それによってもたらされる「一期一会」の瞬間を大切にしているからです。それらは私がコントロール出来ないものです。私のような凡人は、自らの力の限界を自覚するところからしか始められないのです。「縁」も然り「自然」も然り、人事を超えた“何か”の力を借りる以外に求める建築に近づく手立てがないのです。ただ私の出来ることは、一期一会のその瞬間に最大のエネルギーを爆発する準備をすることだけです。私のちっぽけな過去の知識をいくら総動員しても「予定調和」の世界からは抜け出せないのです。だから毎回クライアントも違えば土地も違う。もちろん予算も要望も全く異なるなかで結果が違うのは至極当然のことです。究極、私は「非定調和」の世界を作りたいと思っています。自らの欲をなだめすかしながら、「縁」あるものを最大限生かしていくことに私の求める建築のヒントがあります。

 ここまで書いてきていろいろ整理が出来てきました。そもそも私の性格や思考のパターンとして、変わるもの、消費されていくものについてとても敏感でそれを排除していこうという傾向が強いのだと思います。コンテクスト、都市、私的、公的空間等々・・・これらの議論もその範疇なのでしょう。

私は「生」への執着が人一倍強いのかもしれませんね。

ただはっきり言えることは、私の営みの全ては「美しい建築」を作るためにあると言うことです。
[PR]
by unocolumn | 2011-02-20 19:33 | 建築観
<< 私の建築 心地よい時間 >>